MENU
目次

脱毛人気クリニックおすすめ15選!全身脱毛料金・口コミも参考にしながら特徴なども分かりやすく比較検証!

人気クリニック15選

「脱毛したいけど……」「脱毛クリニックてどんなところがあるのか知らない」なんてお悩みの方も多いでしょう。
そんな貴女にこちらをご用意しました。

  • 脱毛について
  • 脱毛機械のご紹介
  • 人気のクリニック15選のご紹介
  • 契約時のポイント
  • 通院時のポイント

各クリニックの口コミも載せています。各項目、お好きなところから読み進めてください。
医療脱毛を理解して、クリニック選びの参考にしていただけますと幸いです。

*当記事は日本医学脱毛学会からの情報を確認して作っています。

こちら目次になります!

クリニックとサロン脱毛を分かりやすく違いを教えてほしい!

クリニックでは、医師や看護師が経営・従事しているクリニックで、国家資格を持つ人の手による施術を行っています。

サロン脱毛では、資格のない人が威力の弱い脱毛機を使い、レーザーではなく光照射による脱毛となります。

エステやサロン脱毛ってどうなの?

エステやサロン脱毛は、資格が一切必要なく、出せる光のパワーの面では医療脱毛に劣ります。なぜパワーが弱いのかというと法律で脱毛行為が禁止されているからです。

医師法第17条により毛乳頭、毛根を破壊する行為は、医師免許を有しない者が行えば医師法第 17 条に違反する。

このように脱毛の効果を発揮させることははっきりと法律で禁止しています。ですので、エステサロンでの行為は脱毛ではなく、減耗させるだけなのです。

法律でしっかりと書かれて禁止されていることで、エステサロンはどうやっても毛根は破壊せず一時的な減耗しか出来ないのです。

さらにエステサロンでの脱毛は、医師も看護師もいないため、肌トラブルが起きても一切サロン内で対処してもらうことはできません。脱毛が実質的にできないだけでなく、このようなデメリットについても理解しておきたいですね。

クリニックでは永久脱毛なんですか?

日本において永久脱毛は定義づけされていません。
米国の政府機関では「一定の施術をおこなった毛の再生本数が長期間において減少し、維持されること」としています。
米国電気脱毛協会では「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下の状態」と定義されています。
これらを踏まえて今ある脱毛機器は作られています。

日本では細かい決め事がなく再生不能なまで毛根を破壊することが違法というだけで、それに該当しないものがエステやサロンが行う脱毛です。

クリニックの脱毛って痛い⁉…蓄熱式ならあまり痛くない!

クリニックの使うレーザーは毛根全体を破壊して恒久的な無毛状態を作ります。

かつてクリニックは出力が大きいため、肌へのダメージも大きく痛みを感じやすいものでした。ですが最新式脱毛機では、従来の機械とは全く違う脱毛方式を採用しています。

クリニックが痛いとされてきた常識が、新しい機種では痛みが大幅に軽減されたのです。

新しい脱毛機を導入しているクリニックの利用者の声

利用者

全身脱毛でお願いしたのですが、クリニックは痛いというイメージと全く違ってスライドして脱毛していくので痛みも全くないですし、感覚も暖かく眠くなるくらい心地よかったです。

従来型の脱毛機を使っているクリニックの利用者の声

利用者

痛くないと効かないと言われたけど、VIOが痛すぎてもう通うのが怖いです💧毎回麻酔代を取られるから、料金安いと思ったけど結局高くついた。

このように、脱毛機が変わるだけで体感はまったく変わります。痛みが心配な方は新しい脱毛機を導入しているクリニックを選ぶと安心です。

熱破壊式と蓄熱式について

クリニックの機械は「熱破壊式」と「蓄熱式」に分けられます。

熱破壊式は、強いレーザーを単発照射、一瞬で毛根全体を200℃の高温で「毛母細胞」を破壊します。毛に含まれるメラニンだけに反応させ、周りの肌にあるメラニン細胞も同時に攻撃します。

蓄熱式は、低い温度60℃のレーザーを何度も当てることにより毛根全体をじわじわと熱を溜め込んでバルジ領域を含む毛根全体を破壊します。

蓄熱式では温度が低く肌に優しく痛みも少ないのです。基本的には暖かいじんわりとした感覚です。

だからといって、蓄熱式脱毛を選べば全く痛くないかというと、そうではありません。時と場合によっては蓄熱式脱毛でも痛みを感じます。

「熱破壊式」と「蓄熱式」性能の違いにはどちらも得手不得手があり、一概にどちらが脱毛性能が上とは言えません。

蓄熱式脱毛の特徴!痛さと寒さの理由!皮膚の薄いところは痛い!

皮膚が薄く骨に近い場所は痛みを感じやすいと言われています。具体的には顔や膝・膝下などです。
特に顔は産毛が多く、出力を上げないと効果を感じにくいので、痛みを強く感じます。

毛質が太く濃い部位も痛い!

VIOや脇などは他の部位に比べて毛が太く濃い傾向にあります。このような部位はどの機械を使っても痛みを感じやすいものです。

レーザー脱毛は太くて濃い毛に強く反応します。その分発生する熱は強くなり痛みも強くなります。

VIOや脇も回数を重ねて毛が薄くなるとだんだん痛みも軽減されていきます。どうしても痛い場合は麻酔クリームなどが無料のクリニックを選ぶのが良いです。

蓄熱式脱毛は寒い

そもそも、レーザーの痛みを緩和するヘッドの冷却は、照射のときの接している瞬間だけしか冷やせません。

施術範囲を全体に塗り広げる冷却ジェルは、照射した後もふき取るその瞬間まで肌を冷やし痛みや術後の肌トラブルをなくす大きな役割をになっています。その間ずっと冷やされ続けるのですから、自然と寒くなるのも当然です。そんなことよりも、まず毛嚢炎などの肌トラブルを防ぐことが一番なのですから。クリニックである以上。

近年このジェルが寒い寒いとの口コミが広まり、それをネタにしたブログ記事まで出てきています。

ですが本当はこの冷却ジェルの塗り方が甘いと、熱による痛みや術後の肌トラブルが多くなるのです。

蓄熱式脱毛では1秒間の間に10〜20回照射します。熱破壊式ではたったの1回の照射の間に。

低い温度ながら照射回数は多いのですから、やけどや毛嚢炎等の肌トラブルはついて回ります。患者様が寒いからなどの事情によって冷却を緩和すると、本来起きないはずの肌トラブルが起きたりするものなのです。

蓄熱式脱毛の最大のメリット!これまで脱毛不可能だった人も可能にした!

蓄熱式脱毛にはさらなるメリットがあります。これまで施術不可だった肌質の方も蓄熱式脱毛が受けられます。

  • 敏感肌の方
  • 日焼け・肌色の濃い方
  • アトピー性皮膚炎も医師の診察により可能なこともある。

以下に対応可能な肌質の方について詳しく説明していきます。

敏感肌の方

肌が弱い方、ニキビがある方など肌に不安がある方でも、医師による診察によっては施術することができます。これは蓄熱式脱毛は威力が弱く、肌トラブルが起きにくいからです。

レーザー脱毛の刺激により症状が悪化する恐れがあるため、医師による慎重な判断の元、施術を行っていきます。

日焼け・肌色の濃い方

従来の熱破壊式脱毛は、黒いメラニン色素に強く反応するという仕組みのため、日焼けをしている方や肌の色が濃い方は照射をすることができませんでした。

しかし、蓄熱式脱毛は低出力のレーザーを連続照射するという特性上、メラニンにそこまで強く反応しないため、肌色の濃い方でも施術可能になったのです。

アトピー性皮膚炎も医師の診察により可能

蓄熱式脱毛は、肌への刺激が弱いので、アトピー性皮膚炎の方やそれによって色素沈着のある方でも施術することができます。可否の判断は医師にゆだねられます。

蓄熱式のデメリット

ここでは蓄熱式脱毛のデメリットについて解説していきます。

導入クリニックが少ない

日本での普及はまだまだこれからの蓄熱式脱毛機です。

そのため、まだ熱破壊式脱毛しか取り扱っていないクリニックは多いです。

熱破壊式脱毛は太く濃い毛に特に有効なため、熱破壊式脱毛を使っているクリニックもあります。

熱破壊式脱毛と蓄熱式脱毛のどちらも取り扱っていながら、希望していた機種が選べなくて残念なこともあります。こだわりを持つ方は問い合わせの上で行かれた方が良いです。

効果が感じにくい。最初は効果がないように思う

熱破壊式脱毛と蓄熱式脱毛では、効果が出る(毛が抜ける)タイミングが違います。

熱破壊式脱毛では、早くて施術後数日~2週間ほどで反応した毛は抜けます。これは、熱破壊式脱毛は毛の根っこに直接的なダメージを与えるため、毛が生えていられなくなり抜け落ちるからです。

蓄熱式脱毛は、3週間〜1か月ほどかかって毛が抜け落ちます。

これは、毛を生やす司令塔の部分にダメージを加え、今ある毛はそのまま、生やす機能を止めることで次の毛を二度と生えさせない施術となります。

どちらも最終的な脱毛効果は変わりませんが、抜け落ちる時期が違います。

蓄熱式脱毛は、すぐに効果を感じられるません。最初は効かなかったのではないかと不安になるかもしれません。蓄熱式脱毛を受ける際はこの点を頭に入れておきましょう。

人気クリニックおすすめ15選をご紹介!

ここからは、実際に人気のクリニックを15社紹介していきます。

各クリニックの特徴、料金から口コミまで紹介しているので、気になるクリニックをぜひチェックしてみてください。

口コミ調査対象サイト

  • 日刊ゲンダイ脱毛NAVI
  • 美容整形おすすめ情報 All rights reserved.
  • 駅探pick
  • 美容の口コミ広場
  • 脱毛サロン選びならeclamo(エクラモ)
  • Google Maps
  • エキテン (ekiten.jp)脱毛 
  • ドコイコ (fuji-biyou.com)

クリニックでの脱毛を契約する際の注意すべきポイント3選!

ここでは、契約する前に注意したいポイントを3つご紹介します。

希望するコースに脱毛希望部位が含まれているか再度チェック!

まずは自分の希望する脱毛箇所が全て網羅されているか、契約前にチェックすることが大切です。

人それぞれ、脱毛したい部位と優先度は違います。「自分が脱毛したい部位が含まれていなかった…」などと後から後悔しないためにも、チェックはしっかり行いましょう。全身脱毛する方は注意が必要です。

一言で「全身脱毛」といっても、クリニックによって含まれている部分が違います。

例えば、「顔・VIO」は全身脱毛に含まれていないことが多く、別料金のことが多いです。

そして顔脱毛の中でも『鼻』を照射してもらえるクリニックは特に少ないです。『うなじ』も含まれていないことが多くあります。

このように実は細かい部分で脱毛範囲外だった、なんてことが起こりうるのです。

自分が満足できる脱毛にするためにも、施術範囲に希望する部位がはいっているか。どこから別料金なのか、追加でオプションを付けて脱毛するのか、確認して納得の上で契約することが大切です。

引越しや転勤・出産などのライフイベントの問題は大丈夫ですか?

脱毛を契約する前にライフイベントの予定を把握しておくことが大切です。

引っ越し、転勤・出産など、急なイベントは避けられませんが、それによって脱毛を受けられなくなる・せっかくの契約を無駄にしてしまうこともあります。

引っ越しや転勤によってもともと通っていたクリニックに通えなくなることもあるかもしれません。

その場合は「途中で解約をする」か「クリニックを乗り換える」「転院する」といった選択肢があります。

クリニックが全国展開で転居先にクリニックがあるとは限りませんし、契約解除や乗り換えをして今まで一括で支払ったお金や残りの回数分のお金が戻ってくる保証もありません。

あらかじめ転勤や転居の予定がある方は全国展開のクリニックであったり、契約延長可能なクリニックを選ぶことが必要です。

また妊娠・出産の計画がある方も注意してください。妊娠すると脱毛は受けられなくなります

ホルモンバランスの変化で肌トラブルや体調不良に繋がることがあるからです。

クリニックによっては休会・契約延長できるクリニックもあるので、そういう人生イベントがありそうな方はぜひチェックしてから通うことが大切です。

広告表示の月額〇〇円に勘違いしないように!

また、安いクリニックを追い求めるあまり、月々の支払額に惑わされすぎないようにすることも大切です。

多くのクリニックは広告などで総額ではなく月々の値段を表示しているクリニックがあります。

契約金額を一括で払わない場合、基本的には「分割払い」で支払うことになります。

自分がすでに持っているカードで月々支払うのなら、「分割払い」になります。クレジットカード会社に手数料を払うことになります。

成人していて、安定した収入があればローンはあまり審査で落ちることはありません。

だからといって、合計金額よりも安く感じ、何も調べずにローンなどを使って契約してしまうのは得策ではありません。

まとまったお金を支払えない分を肩代わりしてくれる代わりに、金利と返済を数年にわたって続けることになります。

契約する前には、自分が数年かけて支払うことになる金額を確かめ、無理のない返済契約を行うようにしましょう。

通院する際の注意ポイント!

ここでは、施術前後に注意したいポイントについて取り上げます。肌トラブル回避や体調管理のための心がけになります。

日ごろから肌の保湿を心がける!

まず大切なのが『肌の保湿』です。保湿は施術前後に関わらず必要です。

肌が乾燥していては施術の際に痛みを感じやすくなってしまう可能性があります。

また、施術後の肌は大変デリケートで、レーザーの熱により乾燥しやすい状態にあります。

肌のバリア機能が低下してしまっていると、毛嚢炎などの肌トラブルのリスクを上げてしまいます。施術後は特にしっかりと保湿をするようにしましょう!

そして、保湿に加え日焼けを避けるために日焼け止めも使用しましょう。施術直後は肌への刺激にならないように日傘などで対策をしましょう。

管理人Kei

私がいつも使っているアイテムがこちら♡体に優しくて敏感肌の私にもすごくなじむわ♡

施術前後の飲酒は控えましょう!

飲酒は体内の血行を良くします。脱毛後の肌は赤みやかゆみが出やすい状態にあるので、お酒を飲むとそれを助長してしまうことがあります。

また施術前でも直前の飲酒は肌を敏感にするため痛みを感じやすくする恐れがあります。施術前後の飲酒は控えるようにしましょう。

施術後の入浴も控えましょう!

ほとんどのクリニックで脱毛当日の入浴は控える・シャワーのみと指示されることと思います。

これは入浴により肌に雑菌の侵入を防ぐためです。肌は少なからずやけどに近い状態になっています。

そこにさらに熱でダメージを加えることや、血行が良くなることでかゆみや痛みを増幅させないようにする目的があります。

そして一見きれいに見える湯船も、敏感な施術直後の肌には雑菌が肌トラブルを引き起こす可能性があります。

このような理由から施術後に入浴することは控えましょう。

体毛の事前処理のやり方!何で剃ればいいの?

脱毛では施術の1~2日前には自己処理をしておくことが求められます。

脱毛効果を上げるため、そして限られた施術時間がシェービングに取られないためにも、自己処理は大切です。

ですが方法を間違えると肌トラブルの原因になり、施術の妨げになってしまうかもしれません。ここでは、正しい自己処理方法のポイントをお伝えします。

  • 直前に自己処理しない

自己処理は予約の1~2日前に行いましょう。当日だと肌への刺激がおさまらないまま、照射のタイミングになってしまうかもしれません。

逆に日にちが空きすぎると毛が伸びてしまい正しい効果が得られないどころかやけどのリスクもあります。

  • 電気シェーバーを使う

自己処理にはカミソリなどではなく電気シェーバーを使うようにします。カミソリは肌への刺激が大きくて脱毛のダメージを助長してしまいます。

また毛の流れに沿って剃るようにし、肌トラブルのリスクを抑えましょう。

管理人Kei

まず迷うのが事前処理、私が悩んだ末、行きついた全身処理アイテムがこちら!羊の毛を刈るみたいにきれいに産毛が刈れるわ!vioもOKよ♡

  • 自己処理後は適切なスキンケアを

自己処理は少なくとも肌に刺激が加わる行為です。自己処理のあとは肌の保湿を行い、施術に備えましょう。

肌トラブルは誰にでも起きる⁉症状と対処法!

医療脱毛は、どれだけ安全な機械を選んだとしてもレーザーを照射する以上、肌トラブルの可能性がないとは言い切れません。ここでは、考えられる代表的な肌トラブルの例とその対処法についてお伝えしていきます。

毛嚢炎

まず、考えられる肌トラブルとして毛嚢炎があります。

毛嚢炎は脱毛による皮膚の炎症です。

具体的な症状としては、毛穴が赤く腫れたり、痛みを感じたり、毛穴がニキビのように赤くブツブツしてしまったりします。

また、毛嚢炎になりやすい部位というのがあります。

皮脂の多い部位や蒸れやすい「脇・背中・VIO・顔」、露出しがちで脱毛頻度が高い「手・脚(膝)」などです。
防ぐためには脱毛時のしっかりとしたクーリングオフ(冷却)が大切です。ここで寒いことに耐えればそれだけ毛嚢炎の可能性は下がります。

では万が一、毛嚢炎になってしまった場合の対処法をお伝えします。

  • 触らないように皮膚を清潔にする
  • 保湿して肌を守る
  • 市販の抗菌薬を塗る
  • 治まるまで2週間かかるときもある。不安な場合はクリニックに相談する

が対処法として挙げられます。

普段から日焼けによる肌の乾燥や不潔なシェーバーでの自己処理は毛嚢炎のリスクを高めてしまうので控えましょう。万が一毛嚢炎になってしまっても診察や処方が無料なクリニックを選ぶことも安心材料の1つです。

硬毛化

硬毛化とは、「脱毛で逆に毛が濃く太くなってしまうこと」です。

メラニン色素の薄い、細くて薄い産毛など、レーザーの光が逆に刺激になり、毛が目立ちやすいものに生え変わるものです。

熱破壊式の高出力機によく発生します。反面、蓄熱式は硬毛化は起きにくいです。

硬毛化しやすいのは産毛の多い背中や二の腕、顔などの部位です。硬毛化が発生する場合、だいたい2〜3回施術した後から見られます。

硬毛化の原因の細かい部分は解明されていませんが、大体の割合でどの機器が、どの部位が、などは体系的に医師の間で共通の理解はあります。

万が一発生しても、医師に診てもらえる、保証付きのクリニックを選んでください。

おしまいに

今回の記事の要点を以下にまとめます。

  • クリニックでの脱毛は医師と看護師しかできない医療行為である。
  • 脱毛機械には熱破壊式と蓄熱式があり、蓄熱式は新しい技術でこれまで不可能だった肌質も可能にした。
  • 人気のクリニック15選の紹介はどれも個性豊かで選ぶ楽しさが増えた。
  • 契約時には内容を再確認すること!
  • 施術前後の注意として肌のケア、保湿が重要!

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 美容ブログ 医療脱毛へ
にほんブログ村
人気クリニック15選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!